BLOG

​歩いてきた道が、あなたそのもの

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. ポジショントークが目に余る

ポジショントークが目に余る

こんにちはサイドウォークです

みなさんは

「ポジショントーク」

という言葉ご存知でしょうか?

以前からよく使われていた言葉ですが

ここにきてこれほどポジショントークということに関して

気を付けなければならない時代になってきたことよ( ゚Д゚)やだー

 

まず

そもそもポジショントークとは

「日常生活におけるポジショントークは、自分という個人がどうであるかによらず、組織や社会において自分に期待されている役割によって行っている発言のことである。そのため、自分自身としては必ずしもそうは思わないけれども立場上そう言わなければならない、あるいは自分自身にも問題があるとわかっているが立場上言わなければならない、というものもある。」(Wikipediaより)

ということですが

CMに起用される有名人みたいなもんですね

どちらかと言えば嫌いです笑

 

最近では

商品紹介をお金で請け負うユーチューバーを始めとする

インフルエンサーみたいな存在ですね~

そのポジショントークですが

最近特に悪質で非人道的でたまらなく気持ち悪いことが多いのです

新型コロナなんかより

ずっとずっと性質が悪い

もっともっと根が深い闇を秘めた

人間によるポジショントーク

気をつけたほうがいいと

ええ加減にしやー( ゚Д゚)と

思います

 

具体的に言うてしまうと

思想信条はいろいろありますし

個々人の信じるところは否定するものでもないので

ここで(個人的なブログサイトではないところで)

具体的な指摘などはいたしませんが

まあああああああひどい

ひどすぎます笑

(ちなみにテレビは99%はポジショントークで成り立ってます)

戦前とか戦中って

こんなんだったんだろうなって

想像と実感できてしまいました

 

そして

より悪質なのが

もちろんそのポジショントークをやらせている存在ですよね

それが誰なのか

自分なんかにはわかりませんが

きっと人間の皮をかぶった鬼なんだと思います

悲しい話ですが

有名人であればあるほど

その発言は

真に受けてとらない方がいいですよ( ;∀;)

「み○もんたがTVで言ってから!」なんてのは

良く聞く平時の笑い話ですが

非常事では笑えないことになりますから

できるだけ裏をとりましょう!パペットにならないために

確証まで得る必要はありませんが

盲目的にポジショントークを受け取るほど

自分自身を泥沼に引き込み

他人との間には論争や紛争が起こります

 

なんか怖いこといっぱい言いましたが

元来日本人は性善説に生きる人種

玄関の鍵をかけるようになったのも最近という

先進国でも珍しい性質の国民性です

そんな日本人が大好きです

やるときはやりましょ

守るものが

守りたいものがあるなら余計に

平時には「鳩のような素直さ」で

非常時には「蛇のカシコさ」を

みんなで気を付けて

また平和な日本にしたいですね( ;∀;)

ではまた!

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事