BLOG

​歩いてきた道が、あなたそのもの

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 百姓になりたい

百姓になりたい

こんにちはサイドウォークです

やっとこさ始動したホーリー畑2020

もうホーリーとの付き合いも長くなってきたので

だいぶ心が通じ合い(゚∀゚)

扱いがになってきてます笑

雑とは聞こえが悪いですね

過保護をやめたというのが適当でしょうか

もう2週間もすれば

みなさんに良い姿お披露目できるのではないでしょうか(゚∀゚)

また手伝いに来てください!

 

本題ですが

みなさんは百姓と聞いて

何を思いますか?

みんな大好きWikipediaには以下の通り書かれてあります

「百姓とは、 農民の事を指す語。農業や農作業をする動詞として用いられる場合もある。本項で説明。 江戸時代における本百姓のこと。

あかぬけない人や情趣を解さない人に対する侮蔑語。  百姓とは、 一般の人民。庶民。多くの役人または人民の事を指す漢語に由来する。」

ひでーな(゚∀゚)

いや

かくいうわたくしも

昔は「百姓」と聞けば

やりたくない職業

というか

なりたくない地位

の上位でした( ゚Д゚)

だって時代劇とかなら絶対いじめられ役で

最初に殺される役どころでしたし

なので「百姓!」と呼ばれたら間違いなくムッとしてましたね

 

でも

ホーリーバジルを栽培し始め

色んな知識や技術(都会ではまったく必要のない類)

を身につけざるを得ず

そのことは実は色んな意味で自分をレベルアップさせており

その目の前の仕事をこなすのみならず

多くの場面に共通する

真理

に近いものを体得する近道になっているような

そんな気持ちの日々を送れるようになったのです

 

そんな日々の中で鮮明に思い出された言葉がありました

それはまだ僕が高知県の山奥秘境に住んでいた頃に出会った

ある年老いた男性から聞かされた言葉です

「百姓の本当の意味はな、ただの農民農家やないで、何もない環境の中でも生きていくためには

1人が何でも出来なきゃ無理や。

作物を育て、木を伐り、魚を捕る、そのための道具も作る、壊れたら直す、なんでもできるようにならなあかん

なんでもできて、百の事が1人前にできるようになって、初めて百姓になれるんや

米や野菜を専門に作るやつは、米農家

百姓とはちょっと違う

ワシは百姓や」

その言葉を最近頻繁に思い出します

 

僕はいまホーリーバジルしか育てていないのです

ホーリーバジル農家です笑

最初はそれでいいと思っていました

でも日々周囲のジジイさんたちの八面六臂の仕事を見ているうちに

自分でももっと広範囲別ジャンルの仕事(個人的田舎作業)をやっていきたい

と思うようになってきたのでした

 

今はおそらく

十姓くらいでしょう

あと九十姓を死ぬまでにゲットして

「あいつは百姓だ」

と言われたい

そんなこと考えながら

雑草たちに泣かされている日々です笑

ちなみに

日本で一番かっこいい百姓と呼ばれているのが

白洲次郎です

知ってました?(゚∀゚)

ダンディ~( ;∀;)

ではまた!

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事